敷金ガイドライン

 →HOME



敷金ガイドラインというのは、主に国土交通省のガイドラインのことを指しているので国土交通省のガイドラインが発表したものを参考にして下さい。

結露とガイドラインの関係

結露のガイドラインについて教えて下さい。マンションの2階に最初に入居し、すぐに押入れに断熱材が入っていなかった為、結露で布団がびしょびしょになったのでその工事をしたり他の部屋で水がおちてきたりといろいろ不具合が多かったので、1階が空いているので9年居た2階の部屋を移ってくれと言われ1階に住んでから3年。

すると、1階に移動してから毎冬、外壁に面した部分が酷くて、コンクリートに直接クロスを貼っているので、浮いてきたり、剥げたりカビが生えたりして換気しても、掃除しても酷いので、1年目の冬は、そうでもなかったですが2年目の冬からは、かなり壁紙が浮いてきたのでその時点で大家さんに伝えると「建物が古いということを了承して入ってもらっているからご理解頂きたい」ということのみで、その時は終わり。結果、なんの対処もしてくれず、3年目の現在冬。トイレも水浸しになるほど、床が結露でびちょびちょで朝起きて毎日、壁を拭きあげるのが苦痛になり借金をして引っ越しを決意し、2月末で退去する旨伝えると、クロスは実費で張替と言われて、ガイドラインではクロスの張替○○円、床○○円、ふすま○○円などの一覧表を持ってこられ、正直困っています。特約に「結露カビ等の発生は賃貸人の補修責任は負いません。賃借人で対処すること」実費負担と書いてあると言われました。

A:初めから結露でぼろぼろになることを分かっていて契約させていますね。酷いです。入居中にカビの報告はしているので善感注意義務は果たしていると考えます。
よって支払い義務はないと考えます。


私は、家の中で水をまいたわけでもなく普通に住んでてカビがはえてきたのに、納得がいかないと言いましたが、それは私の住み方が悪いと言われました。前に住んでいた人は3年住んでいたが、クロスは変えていない。なので私の住み方が悪いと言われ、敷金を払っていてもガイドラインも使えないと言われました。

でも、2階に住んでいた頃はカビも生えず、同じ生活を1階でしていただけで、クロス実費は納得がいきません。言ってみれば、前の人の3年間クロス張替なしで引き渡されその間にカビがクロスの中で発生していたかもしれません。それなのに、全額実費が納得いかないのです。それと、うちは母子家庭で払おうにも、次の部屋を借りる為にお金を借りているので、実費負担で払うお金がないのが本音です。何とか敷金でしてほしいです。2階と1階あわせて、このアパートには12年も住んだのに最後に実費負担と言われ本当に困っています。やはり、特約に書いてあるので払わないといけないのでしょうか。
考えすぎて夜も寝れないです。

A:前の入居者から換算して6年以上張替えていなければ単純に6年以上なので1%負担になります。