敷金鑑定士になるには

敷金鑑定士になるには
敷金鑑定士の役割
ダブルライセンス
実戦答練
敷金鑑定士とは
就職について
資格取得までの流れ
最終問題
敷金鑑定士の主な業務
独立
よくある質問
合格証書

敷金鑑定士になるには 

日本敷金鑑定士協会が実施する試験に合格し敷金鑑定士名簿に登録を受けなければいけません。

敷金に関する専門職があることを日本では、まだ周知されておりませんが、あなたもご自分の時間に合わせて活動されてみては、いかがでしょうか、
この仕事を専業として活動している方もいますし、週末のみ活動している方もいます。皆さん活動方法は、さまざまですが
「敷金問題で困っている人がいたらあなたの活動でその人を救え、喜んでもらえるとてもやりがいのある仕事です。」
業務が全くわからない方でも敷金鑑定士開業キットがありますので、パソコンとプリンターがあれば開業できます。
この仕事は、口コミでよく依頼が来ます。


敷金鑑定士の主な仕事


こちら借主の方が退去したあとに、原状回復費用として関係ないものを請求されている場合に、適正金額の算出をして原状回復費査定書を作成します。

こちら退去前にお部屋を見て欲しいという依頼があるのでお部屋に伺い原状回復費用を計算し、写真を撮り査定書を作成します。

 

原状回復費査定書を作成します

お部屋に伺い原状回復費を査定します


敷金鑑定士として活動される際は、敷金問題で困っている方を一人でも多く救えるよう頑張って下さい
 

敷金鑑定士の免許を取った場合、必ず敷金鑑定士として行動しなくてはいけないということはありません。ご自分で適宜に「敷金査定士」や「原状回復査定士」のような名称をつけて行動しても良いです。当協会の教材で基礎を身に付けて現場で活躍されている方も多数います。

   
敷金鑑定士は今、全国で必要とされています。敷金鑑定士開業キットCD


敷金鑑定士として専業・内職・副業で業務をお考えの方は、下のようなホームぺージを 月 2,500円で持てます。ホームページを持つことで全国の方から依頼が入りますので、一人でも多くの方を救えるよう頑張って下さい。 尚、下のホームページで使用しているイラストや画像等はご自由に使えますし、イラストの文字変更もできますし、写真も変更できます。ご自分の好きなようにカスタマイズもできますので、詳しくは当協会までご連絡下さい。一般の方へのホームページも同じ値段で作成しておりますので、ご希望の方はご連絡下さい。
                 こちらホームページ作成できます
このようなホームページが 月 2500円で持てます  
                    


  こちらアメーバーブログ作成します  こちらツイッター作成できます
  アメーバーブログ作成できます。 ツイッター作成できます。お好みの「キーワード」で上位表示させることもできます。 

 

受験資格

この試験は,年齢,性別,学歴等に関係なく,誰でも受験できます。

試験内容

民法・訴訟法・借地借家法・消費者契約法・宅地建物取引業法・建物の区分所有に関する法律・裁判手続き・過去の敷金返還請求事件に関する事項等から全4回の答練問題を実施し、その後、最終試験を実施します。

試験方法

答練問題・最終試験は通信教育で実施しますのでご自分のペースで受講して下さい。何日以内に資格を取らなければいけないとする制約はありません。最終試験に失敗しても追加で最終試験を何回でも受けられその試験料は無料です。資格が取得できるまで、お供いたしますのでご安心下さい。最終試験に合格すると敷金鑑定士名簿に登録し合格証書を交付します。早いかたですと1ヶ月程度で敷金鑑定士として登録されています。

試験日程

年間通して資格取得の募集は、随時受付けており申し込みをした日から試験スタートとなりますのでご自分の都合に合わせてお申し込み下さい。

受 験 料

34,800円(税込み・テキスト・答練・最終問題・受講者への送料含む)

合 格 率

95%(病気に伴う長期療養等で断念するかたもいらっしゃいます)合格点は非公開ですが、答練・最終試験ともに6割程度の正解で合格と判断しております。出題する問題はテキストに準じて作成しております。

敷金鑑定士

登録後

登録料・年会費は一切かかりません。

申し込み方法

当協会ホームページのサイドページ申し込みよりお申し込みをしてください。